NPO 茨城インドネシア協会
HOME  BACK  NEXT
クラバット山-登頂始末記 (1)       川口 博康

今私はトモホンの家で1Ocmの段差を降りるにも悲鳴を上げる状態です.
足は勿論体中が痛んでいます。この痛みが消えないうちにこの顛末を残しておかなければと思いパソコンに向かう決心をしました。

北スラゥエシ州一ミナハサ地方随一の名山にクラバット山があります。
別名「メナード富士」。私は静岡県出身ですので毎日、富士山を見て暮らしていたものですからその姿-かたちは勿論のこと、異国にあって故郵を思う気持ちをこのメナード富士に托し、時々胸に熱いものを感じる日々がありました。
この地に駐在以来、一度は登ってみたいと思うようになっていました。
しかし私は山の経験は高校時代の富士登山だけですので、誰かに連れていってもらうしか方法はありません。いつでも機会があればと、靴、リュックサック、ジャケットなど早々と買い込み、気持だけはうわずっていました。

しかし、仕事の関係や痛風になったりと体調もすっきりしなくてその機会も無く、いよいよここに駐在するのも残り少なくなってきた。
九月プリマカシンドの内田所長にバーベキューにお招き頂いた川口さんをご紹介してもらいました。
川口さんは山のベテランと言う事で既にヒマラヤにも登頂済みとのことでした.。
私の夢を話したところ、「一緒に行きましょう」と思わぬ快諾のご返事を頂き、うれしくなってしまい.ついその日は遠慮もなく飲みすぎてご機嫌になってしまいました。

約束の日、急なお客様があり一週間伸ばして頂き、いよいよ10月9日の決行となりました.やはり、朝早くうれしくて4時に目が覚めてしまいました.何時ものようにインターネットで今日の運勢をみますと「新しい事は中止すべし」とのこ神託.同時に数日前、家内が送ってくれたビデオの「八甲田山」のシーンがダブり、完全に出鼻をくじかれてしまう。この計画を話した人達の全てから止めた方が良いとのアドバイスを頂いていました。
特に家内からは強く電話で論されていました.年だから.体力が無くなっているのですから、----.だからこそ私からすれば60歳-定年記念に挑戦したいのです。何とかなるだろう -----。

この身の程知らずの甘さが後から事故一歩手前の苦痛を味あうことになってしまいました。10月9日早朝の予定時間、丁度6時に川口さん、内田さんが迎えに来てくれ荷物の点検。着替え--6枚、飲料水600m1×4 ビスケット チョコレート ハチミツ 飴玉 虫除け カメラ 携帯電話 メモ 持病の薬 正露丸 ちり紙.、他にテント、カッパ 食料などは川口さんと内田さんにお願いする。
何も知らない私は半ズボンにポロシャツ、すぐに「ゴルフにでも行くの」とやられてしまいました。

西村さんとの集合場所であるアイルマデデの登山道入り口に7時到着、すでに西村さん、いつものすがすがしいお顔で待っていてくれていました.
入り口の警察に登山の記帳をすませ、いよいよ07:30スタート。
メンバーはリーダーの川口さん(34),コーデネイターの内田さん(35),西村さん(51),私(59)の4名、予定していた荷物運びの人夫は止めたと、その分川口さんと内田さんの荷物が多くなっていました。

昨夜の大雨のせいか清々しい朝、すそ野に広がる椰子のプランテーションのなかの小道を一時間ほど歩き、一服.。途中川ロさんから登山の常識の初歩を教えて頂く。
「道が分からなくなったら上に登りなさい」と.、自分一人になった時は実行できそうも無い。普通の榔子からサゴ椰子に変わった所にこの地方独特の地酒一ヤシ酒の密造小屋に出会う。
名前はチャプテックスーサゴ椰子からでる樹液一サグエルーをまったく原始的な方法で蒸留たお酒、私は洋酒や日本酒がこの国では結構なお値段とこの田舎では入手しにくいことからこれで我慢して飲むことが多い。

徐々に道は険しくなり.周りの風景も変わってくるのが分かる。
30分に一度の休憩を取りながら進む。途中尾根に出て左側の谷を覗いたらぞっとした。この深さ、もし足でも踏み外したら一巻の終わり、緊張した一瞬でした。
汗は異常に噴き出てくる。しかしまだ皆さんの冗談の話にも入る事ができる状態でした。
「マッサージのおねえさん達を呼んでみましょうか」半ばそれを信じながら、そんな事できれば天国だろうなと本気で期待したり.。
所々で大木が道を遮っている。

先程まで数匹の猿が頭上の木々を喧しくサル語で連絡を取り合っていたのがうるさく感じられていたのですが、いつのまにか居なくなっていました.
いよいよ気の根っこにつかまりながらの前進--よじ登りです。 やはり相当疲れてきました。
何か気のせいか頂上が見えたような気がしたものですから、ついうっかりと頂上です.、と叫んでしまい、皆さんに笑われてしまいました。
私の予定の行動ではもうとっくに頂上に到達して良いはずなのですが.こんなはずではない。キャディは2時間で登ると工場長は、5-6時間と。
もう冗談なんて言っていられない。先の人に着いていくのがやっと。とてもカメラを取り出し写す元気は無い。

蚊も少なくなってきた.枯れ葉か何かゴミが腕についているとばかりに思っていたら内田さんがそれはヒル(百取り虫)です、と言う。 山にはどこにもいるとのこと。 しかし、周りの樹海の風景は一変してしまっている。 真っ直ぐに伸びた熱帯ジャングルの何十メートルの巨木から長さ10-20メートルの幹や枝がくねくねと曲がりそこには、苔や蘭の一種だろうかびっしりと付着している樹海にかわってきている.異様な雰囲気を作り上げている。
私は今まで見た事も無い森の世界である。お伽噺の国に迷い込んだかと一瞬妙な気分になる。

これだけの苔を育んでいるということは年中湿度が高いということでしょう、赤道直下でこんな光景に出くわすとは。十分に水分を含んだ苔のなかで水滴が光ったのが印象的であった。 また、苔の中から見えた真っ赤な3mm位のきのこ?は何だったでしょうか.
このすそ野に生活している我々はこの山からの水によって計り知れない恩恵を受けています。地下70Mからは無菌状態の水が得られる。我々の関係している水産の工場もこの水があればこそである。

ここは水に関した自慢が多い。 コカコーラやアクアの工場。イカンマスはどこよりも美味い。私が勝手に思い込んでいた予定の時間を遥かに超えてしまってもまだ頂上は見えない。
水は既に二本半飲んでしまっている。あのリポビタンの広告の場面「ファイトー発」と同じような場面に何回挑戦したことか。
そろそろ声も出なくなってしまった頃、先頭の川ロさんから「もうすぐ頂上ですよ」の声。 前方が木が切れて明るくなっている。 ものすごく蒼い空が見えた。 一面すすきに変わり、スロープもなだらかになり、いよいよ頂上に到着。
私はリュックを投げ出ししばらく横になる・正直言って周りなど見回す元気はありませんでした。

うれしさより、何とかやっとたどり着いたといった安堵感。30分位休みました。
しばらくすると、頂上はもっと先だと川口さんが言い出す.
なるほど.よく見ると200メートル先のほうが少しにかりの木で覆われていて少し高い。 横になったお陰で元気が出る。改めて頂上めざして立ち上がる。

16:00 クラバット山一(メナード富士)一1995m山頂に立つ.
ここで記念撮影.やっと笑顔がでる。日本の国旗でも持ってガツツポーズでもしたい心境。
「そこに山があるから」私もこの言葉のおすそ分けを頂きました.
改めて下界を見渡す...
レンベ島からケマ--アイルマデデ--メナード--リクパン--ブナケンとすばらしい.
ロコン山が遥か下に小さくみえる。 トンダノ湖も意外に小さい。 改めてここが如何に高いか、地元の人たちの言い伝えに、「ここに登って見える所は行った事と同じことになる」と言っていた事を思い出す。お陰で天気に恵まれその夜景をも堪能することができました。
「タルシウス」にも幾度か寄稿して頂いている庵原氏はメナードを「箱庭」のようだと形容されていました。

 川勝氏はその著書「文明の海洋史蜆」のなかで地球を「小さな美しい水の惑星」と言い日本をそこに浮かぶ「庭園の島」と形容しています。
富士の「富」とは、物の豊かさを「士」は心の豊かさを表していると言う。
我が故郵の富士のいわれも、ここメナード富士もどちらも何となく共通点があるようでいっそう身近さを感じます。

ダーウィンはその弱肉強食の世界観の中で「世界は万物の生存闘争の場であり.強者が弱者を駆逐し収奮して支配を広げる」と言っているのに対して京大の今西教授は「自然とはそのような生存闘争の場ではない」と異議をとなえている。
川勝氏は「自然から「棲分け」の摂理を学びこの小さい美しい地球において人間同士、そして人間と自然とが平和共存しうる世界を目指さねばならない。またグローバル化とはすべての人間と自然が一つの強いシステムの支配のもとにおかれる事ではない。それでは近代世界システムの延長線上に過ぎない。自然とは本来多様なものの共生である」といっている。

 NEXT    
このホームページの各所に個人情報保護法に触れるケースがありますが、故人である場合、あえて実名を掲載いたしております。またここに記載されている氏名等は関係者から提出された資料に基づきすべて出来るだけ忠実に記載してあります。           
この名簿に関して、個人情報にかかりますが、個人名を公表しなければ、個人を特定できないと考えあえて公表いたしました。 また個人資料等に関しましては当会に承諾なく利用することはお断りいたします。
Copy Right @2008 ManadoNet-Japan ALL RIGHT RESERVED